店舗づくりお役立ち情報マガジン

powerd by

いくら必要?雑貨屋の開業に必要な資金まとめ

雑貨屋を開業するにあたって、避けては通れないのがお金の問題です。ここでは雑貨屋を開業するにあたって必要な資金の項目をまとめました。開業資金はお店の種類や形態により様々ですが、「なるべく低資金で開業したい」という人は「下記の項目のどれを削減できるか」という視点で自分の事業計画を検証してみましょう。

imasia_471579_S

雑貨屋の開業に必要な資金

物件取得費

資金の中で最も大きな割合を占めるのがこの物件取得費です。逆に自宅ショップなどで場所代を削減できれば大きな資金の節約となります。

  • 保証金
  • 礼金
  • 敷金
  • 仲介手数料
  • 前払い家賃
  •  火災保険

内外装費

物件の次にお金がかかるポイントです。古い物件であれば設備工事にさらに費用が必要となりますし、居抜き物件であれば少し変えるだけで開業することもできるでしょう。

またデザイン設計費(デザイナーへの報酬)は必須ではありませんが、お店作りにこだわるのであればプロに入ってもらってアドバイスを受けることをオススメします。

  • デザイン設計費
  • 内外装工事費
  • 設備工事費

仕入れ費

問屋などから仕入れる場合はある程度まとまった金額が必要となりますが、委託仕入れを活用して初期費用を抑える方法もあります。

また展示会や海外に仕入れに行く場合は交通費や滞在費も忘れずに計上しておきましょう。

  • 商品仕入れ費
  • 交通費/滞在費

什器備品費

意外とかさみがちなのが什器や備品の購入にかかるお金です。手持ちのものを活用したり、知り合いから譲ってもらうなど工夫して、なるべく購入するものを少なくするのが削減のコツです。

  • 什器
  • レジ
  • 電話 (工事費含む)
  • パソコン・プリンター
  • ラッピング材料
  • 文房具・事務用品

広告宣伝・販促費

いくらかけるのが悩ましいのがこの項目です。できるものは自分で行う、雑誌などへの広告はお店が軌道に乗ってからにするなどして、まずはウェブサイトなどの必要最低限のものからはじめましょう。

  • ロゴ制作
  • ウェブサイト制作
  • ショップカード
  • チラシ・DM
  • 広告費

運転資金

開業してすぐは売上はほとんど見込めません。そのため運転資金はあればあるほど、安心して経営することができます。

  • 家賃数カ月分
  • 人件費(オーナーの生活費)
  • その他光熱費など

おわりに

いかがでしたか?項目の多さにびっくりした人も多いのではないでしょうか。実際に100万円や200万円で開業したオーナーもいますが、それがいかに大変なことかお分かりいただけたかと思います。

開業資金は計画的に用意するようにしましょう。

お金

この記事が
気に入ったらlike!

店舗開発者は知っておくべき! 店舗デザインの基礎知識

店舗デザインのノウハウ満載!店舗デザインの一連の流れを14ページ渡り記載しています。

  • 店舗デザインとは?
  • デザイン設計事務所とは?
  • 店舗が完成するまでの流れ
  • 店舗づくりにかかる費用
  • 店舗デザイン会社を選ぶ際に
  • 依頼前に準備しておくこと