店舗づくりお役立ち情報マガジン

powerd by

パン屋って儲かるの?独立開業したパン屋の年収をマル秘公開

街中にあるパン屋は個人事業によって行われているものがほとんどです。男性だけではなく女性からも独立する職業として人気のあるパン屋ですが、どのくらいの年収を稼げるものなのでしょうか?ここでは人気の開業職種であるパンやの実態をみてみましょう。

棚に並べられたパン

1. パン屋の年収は?

パン屋の規模や立地、営業時間にもよりますが、パン屋の平均年収は350万円ほどです。月収にして30万円ほどでしょうか。そこから税金や年金を差し引いた額が手取りとなります。

  • 年収:350万
  • 月収:30万

パン屋というと独立して個人事業主としてお店を経営している人がほとんどですので、大手チェーン店でパンの製造や開発に携わっている人はコレとはことなった数字になるでしょう。

個人事業主が多いことからも廃業も少なくないですが、パン屋を開業したいというニーズは多くその志望者は増加しているようです。

2. パン屋は稼げるのか?

パン屋の平均年収350万という数字はやはりそれほど大きいものではありません。パンの原料でもある小麦粉の価格は高騰傾向にあり、利益率も良いビジネスではありません。
昼の時間にパンを販売するために早朝から仕込みを行う必要があり、体力的にも楽な仕事ではありません。

それでもパン屋開業のニーズが絶えないのはなぜでしょうか?

それは稼げる可能性も大いに秘めているからです。個人事業主が多いということもあり、経営者がいかにうまくお店を経営できるかによってそのお店の利益は大きく変わってきます。

具体的には以下のような要因が関わっているといえます。

2-1 店舗の大きさ

店舗の大きさはやはり経営に直結しています。有名で非常に人気のあるパンやの特徴は、ある程度大きな店舗を持っているということです。人通りの多い地域で大きな店舗を出すことができれば、扱うことのできる商品も増え、経営していくなかでできることも多いでしょう。

また、自宅を一部をパン屋にすることができるのであれば本来支払うべき家賃が浮くため、物件を借りて運営するパン屋と比べると余裕をもって経営することができるでしょう。

2-2 店舗の個性

他の店舗との差別化はやはり重要です。パンの種類やパンの焼き方、特性の釜を使っているなど、そのお店ならではのブランディングを浸透させることができれば、自然と人気は出てくるはずです。

2-3 経営手腕

やはり一番重要となるのは経営者としての経営する力です。

ただ美味しいパンを提供するのではなく、いかにして売上・利益を上げていくか、余計な経費を削減できるかなど、中長期目線で戦略的に経営することが重要です。

お金の回し方や経理についての知識を身につけ、事業計画を練りきってからの独立をめざしましょう。
また成功しているパン屋さんの経営方法を参考にして、自分の店舗と比べましょう。

3. おわりに

個人事業主としてお店を始めることはリスクも大きいのは事実です。

しかしうまく経営することができれば、好きな職業でしっかり稼ぐことができるという理想の形でもあります。

あなたのパン屋開業に向けて少しずつイメージを作っていきましょう。

お金

この記事が
気に入ったらlike!

店舗開発者は知っておくべき! 店舗デザインの基礎知識

店舗デザインのノウハウ満載!店舗デザインの一連の流れを14ページ渡り記載しています。

  • 店舗デザインとは?
  • デザイン設計事務所とは?
  • 店舗が完成するまでの流れ
  • 店舗づくりにかかる費用
  • 店舗デザイン会社を選ぶ際に
  • 依頼前に準備しておくこと