店舗づくりお役立ち情報マガジン

powerd by

世界一のターミナル新宿駅|商圏の特徴と最新の商業施設まとめ

新宿は世界的に見ても乗り入れ路線数や乗降客数が多く、「世界一のターミナル」としばしば呼ばれることもあります。東西南北に整理された街並みには、それぞれどのような特徴があるのか、新宿エリアの商圏の特徴と最新の商業施設について見ていきましょう。

都庁

1. 新宿エリアの特徴

新宿は新宿駅を中心とした駅周辺のエリアです。渋谷、池袋と並び三大副都心の一つでもあります。古くは甲州街道途中の宿場町であった新宿は、都心部の人口過多によって、多摩地域や神奈川、埼玉といった郊外で増えてきた人口の受け皿として栄えてきました。

1-1 新宿駅

新宿駅周辺の地図

新宿駅の乗降客数は全路線合計で約342万人(2015年)と言われており、この数字は世界一の数字でギネス記録にも認定されています。乗入れ事業社数は5路線(西武線を含まない)あり、この数字は横浜駅の6路線についで日本で二番目の数字です。

新宿駅は西武新宿駅や新宿三丁目駅といった周辺駅との距離が近く、駅周辺は広範囲にわたってにぎやかな街の雰囲気が続いています。駅の東西南北や周辺駅の行き来のために地下通路が張り巡らされている。
また新宿駅は高速バスの本数が多いことでも知られています。南口にあるバスタ新宿は、複数階にわたってバス停留所とタクシー乗り場を集積した交通のターミナルとしての機能を備えています。

こうした様々な要素から新宿駅はしばしば世界一のターミナル駅と呼ばれているのです。

新宿駅

乗り入れ路線
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・中央線快速・中央・総武線各駅停車、京王線、小田急線、東京メトロ丸ノ内線、都営地下鉄新宿線・大江戸線
周辺駅
代々木駅、西武新宿駅、新大久保駅、大久保駅、新宿三丁目駅、西新宿駅、都庁前駅
1日平均乗降客数
約342万人(2015年度)

1-2 大商業圏新宿

東京都小売店エリア別売上

東京都の小売店の年間販売金額を見てみると、3位に新宿駅西口、4位に新宿3丁目と上位10地区の中に新宿の地区が2つランクインしています。さらに上位30位まで見てみると14位にタカシマヤタイムズスクエア、17位に新宿駅東口、28位に新宿駅周辺というように上位30位までに5地区がランクインしており、新宿は非常によい出店エリアであるといえるのです。

1-3 大型家電量販店

新宿駅西口の電気街

新宿には大型家電量販店が多いことでも知られています。都内に出店している家電量販店で売上高上位3社であるヤマダ電機、ビックカメラ、 ヨドバシカメラが新宿に出店しています。

ヨドバシカメラは西口に本店を構えており、ビックカメラは佐藤可士和プロデュースのユニクロとの共同店舗「ビックロ」を出店しています。このような重要店舗を出店していることからも、各家電量販店が新宿を重要視していることがうかがえます。

1-4 新宿の人々の層

行き交う人々

新宿の人々の層の特徴として若い人々が昼間に多く訪れるということがあります。

東京23区内の世帯数(約18万人、第11位)や夜間人口(約32万人、第12位)は他と比較してもそれほど多い数字ではありません。しかし前述したように多摩地域や神奈川県、埼玉県の人がビジネスや買い物で多く訪れる昼間人口は、約77万人で第3位の数字となっています。また現在でもその数字は増え続けており、2020年の推定値は約84万人と言われ、港区・千代田区を抜いて第一位になると予測されています。

また15~64歳である生産年齢人口の割合は日本全体で62%程度といわれている中で、新宿区は71.5%という非常に高い水準であることがうかがえます。

2. 新宿駅周辺の各エリアの特徴

新宿駅は大きく新宿駅の東口・西口・南口のエリア、靖国通りをはさんで北側のエリアに区分されます。それぞれにどのような特徴があり商業施設が設けられているのか、新宿エリアにある周辺の駅とともに見ていきましょう。

2-1 新宿駅東口方面

新宿駅東口エリアは飲食店やアパレル店、デパートが多くある日本有数の繁華街です。古くからあるお店や専門店も多く、そのにぎやかな街並みは新宿三丁目駅周辺まで続いています。

新宿アルタ

スタジオアルタ

新宿アルタは人気番組「笑っていいとも」の公開生放送が、かつて行われていました。番組終了後の現在でも、新宿東口のランドマークとして待ち合わせをする人々で賑わっています。

詳細データ

名称
新宿アルタ
住所
東京都新宿区新宿3-24-3
アクセス
JR新宿駅東口より徒歩2分
営業時間
11:00~20:30
開業
1979年
店舗数
62店舗

新宿マルイ 本館

新宿にいくつかあったマルイは積極的に店舗再編をしてきました。2009年に自宅・職場につぐ「サード・プレイス」と銘打ち、年代の枠にとらわれない女性をターゲットにリニューアルを行いました。売り場面積が最大となる同店舗は、マルイの事実上の旗艦店となっています。

詳細データ

名称
新宿マルイ 本館
住所
東京都新宿区新宿3-30-13
アクセス
JR新宿駅東口より徒歩5分
営業時間
11:00~21:00(日・祝は20:30まで)
開業
2009年
店舗数
133店舗

Flags

新宿駅東南口

JR東南口に直結するFlagsは小田急グループが管理運営しているファッションや音楽、スポーツなどを提案するショッピングビルです。ビルの壁面には新宿駅東南口を行き来する人々の目に留まる大型ビジョンを備えています。

詳細データ

名称
Flags
住所
東京都新宿区新宿3-37-1
アクセス
JR新宿駅東南口より徒歩0分
営業時間
11:00~22:00
開業
1998年
店舗数
18店舗

ルミネエスト

JR東口と直結するルミネエストは、前身であったマイシティを吸収合併する形で2006年に名称変更をしてスタートしました。新宿にある他のルミネと比較すると、10代・20代を中心とした比較的若い女性をターゲット層としています。

詳細データ

名称
ルミネエスト
住所
東京都新宿区新宿3-38-1
アクセス
JR新宿駅東口より徒歩1分
営業時間
平日/11:00~22:00、土日祝/10:30~22:00、レストラン/11:00~23:00
開業
1964年
店舗数
244店舗

2-2 新宿駅西口方面

新宿駅西口は1960年代に進められた副都心計画の影響で、現在では高層ビルを中心とするオフィス街となっています。

京王百貨店

京王百貨店

古くから中高年顧客をターゲット層として他店と差別化を図り、新宿に多数ある他の百貨店との差別化を図ってきました。しかし近年はターゲットとしていた層の高齢化に対応して、若い層を獲得することを目指した計画も進んでいます。

京王モール

新宿西口地下広場から小田急エースを抜けて地下に広がる京王モールは、飲食店を中心に雑貨屋など様々な店舗が商店街を形成している。また2010年に旧フレンデが新たに京王モール アネックスとしてリニューアルオープンしています。

小田急百貨店・新宿西口ハルク

小田急百貨店

小田急百貨店の旗艦店である新宿店は、小田急線だけではなく、JR線、京王線のユーザーも利用できる好立地にあります。

かつて本店があった場所は現在新宿西口ハルクが営業していますが、売り場面積の多くはビックカメラが持っており、百貨店機能はスポーツや食品など一部にとどまっています。

詳細データ

名称
小田急百貨店・新宿西口ハルク
住所
東京都新宿区西新宿1-1-3
アクセス
JR新宿駅東口より徒歩1分
営業時間
10:00~20:30
開業
1962年

小田急エース

小田急エースは北館・南館に分かれて展開する地下商店街です。新宿駅や西口地下広場、京王モール、新宿西口ハルクといった施設と直結しており、新宿西口にあるオフィス街の人々を中心に多数の往来があります。

詳細データ

名称
小田急エース
住所
東京都新宿区西新宿1丁目西口地下街1号
アクセス
新宿駅より徒歩1分
営業時間
10:00~21:00(カフェ&軽食/07:00-23:00)
開業
1966年
店舗数
51店舗

2-3 新宿駅南口方面

新宿駅南口

近年最も再開発が進んでいるのが新宿駅南口方面です。1998年には小田急線上に新宿サザンテラス・デッキが整備され、代々木方面への往来が容易にできるようになりました。また2016年にはミライナタワーが開業したことで、ますます発展を遂げようとしています。

ルミネ新宿

ルミネ新宿

ルミネ新宿は新宿駅南口のミロードを挟んでルミネ1とルミネ2からなる駅ビルで一括りにして呼ばれることが多いです。ルミネエストと比べると高い年齢層をターゲットとしたショップが多いのが特徴です。ふらっと立ち寄るよりは買い物を目的に来た人に向けて、セレクトショップが多く構えているのが特徴です。

新宿ミロード

小田急電鉄が運営する駅直結の商業施設です。ミロードから西口方面の路上には「モザイク通り」と呼ばれるショッピングセンターがあり、小田急百貨店へとつながっています。

詳細データ

名称
ルミネ新宿
住所
ルミネ1/東京都新宿区西新宿1-1-5、ルミネ2/東京都新宿区新宿3-38-2
アクセス
新宿駅南口より徒歩1分
営業時間
ファッション/11:00~22:00、ルミネ1 6・7F/11:00~23:00、B2/10:00~22:00
開業
ルミネ1/1976年、ルミネ2/1987年
店舗数
238店舗

JR新宿ミライナタワー

新宿ミライナタワー

2016年に開業したJR新宿ミライナタワーには、商業施設「NEWoMan|ニュウマン」と高速バスターミナル「新宿バスタ」が入居した複合施設となっています。NEWoManはルミネが運営する商業施設で「大人の女性」「交通利用者」「訪日外国人」をターゲットとに、すでに営業している他のルミネとの差別化を図っています。

詳細データ

名称
JR新宿ミライナタワー
住所
東京都新宿区新宿4-1-6
アクセス
JR新宿駅ミライナタワー改札直結
営業時間
NEWoMan1F~4F・7F/11:00~22:00、2Fエキナカ・エキソト/08:00~22:00、2Fフードホール/07:00~28:00
開業
2016年
店舗数
103店舗

タカシマヤタイムズスクエア

タカシマヤタイムズスクエア

タカシマヤタイムズスクエアは高島屋が運営する本館・南館で構成された複合商業施設です。正式名称はタイムズスクエアビル。高島屋新宿店以外だと東急ハンズやニトリなど大型専門店が多く入っているのが特徴です。

詳細データ

名称
タカシマヤタイムズスクエア
住所
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
アクセス
JR新宿駅新南口より徒歩1分
開業
1996年

2-4 新宿駅北側方面

歌舞伎町一番街のゲート

靖国通りを挟んで北側のエリアには、眠らない街「歌舞伎町」や「新宿ゴールデン街」といった東京を代表するディープなエリアといえるでしょう。新宿コマ劇場の跡地にできた新宿東宝ビルのゴジラヘッドは新たなランドマークとなっています。

新宿サブナード

歌舞伎町にある地下ショッピングモールである新宿サブナードは、西武新宿駅や新宿駅北側を東西につなぐ新宿プロムナードと直結しています。婦人服や化粧品、装飾品といった女性向けの商品を販売している店舗や飲食店が入居しています。

詳細データ

名称
新宿サブナード
住所
東京都新宿区歌舞伎町1-2-2
アクセス
JR新宿駅東口より徒歩2分
営業時間
ショップ/10:00~21:00、レストラン/11:00~23:00
開業
1973年
店舗数
97店舗

西武新宿ぺぺ

西武新宿駅に直結している商業施設である新宿ぺぺは、ファッションや雑貨、飲食など様々な店舗が揃っています。

高架下にある「Brick St.|ブリックストリート」は建物や街路が煉瓦でデザインを統一された飲食ゾーンです。

詳細データ

名称
西武新宿ぺぺ
住所
東京都新宿区歌舞伎町1-30-1
アクセス
西武新宿駅直結、新宿駅より徒歩5分
営業時間
11:00~22:00(B2/10:00~22:00)
開業
1977年
店舗数
42店舗

2-5 新宿三丁目駅周辺

新宿三丁目駅は新宿駅から新宿駅から徒歩圏内に位置し、メトロプロムナードを利用すれば地下道を通って駅間の移動することができ、地下鉄三路線のが乗り入れるターミナル駅でもあります。都会のオアシス「新宿御苑」やゲイタウンで知られる「新宿二丁目」が駅周辺にあります。

2013年に開始した東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転によって、乗降客数が大幅に増加して最も恩恵を受けた駅だとも言われています。

新宿三丁目駅

乗り入れ路線
東京メトロ丸ノ内線・副都心線、都営地下鉄新宿線
周辺駅
新宿駅、代々木駅、西武新宿駅、新宿西口駅、東新宿駅、新宿御苑駅、北参道駅
1日平均乗降客数
約42万人(2015年度)

伊勢丹新宿店

伊勢丹新宿店

伊勢丹新宿店は伊勢丹全店舗の6割の売上を占める旗艦店です。全国の百貨店の売り上げランキングではメンズ館を合わせた売上は常に上位にランクインしており、ファッションに強い百貨店としても知られています。高級で上質なブランドの店舗が多数存在しています。

詳細データ

名称
伊勢丹新宿店
住所
東京都新宿区新宿3-14-1
アクセス
東京メトロ丸ノ内線新宿三丁目駅より徒歩1分、JR新宿駅東口より徒歩5分
営業時間
10:30~20:00
開業
1977年

新宿マルイアネックス

本館から100m程東に位置する新宿アネックスは、女性を意識した店舗の多い本館と比べてメンズを中心とした、低価格やホビーなどの幅広い店舗が揃っているのが特徴です。

詳細データ

名称
新宿マルイアネックス
住所
東京都新宿区新宿3-1-26
アクセス
都営新宿線新宿三丁目駅より徒歩1分、JR新宿駅東口より徒歩8分
営業時間
11:00~21:00(レストラン/11:00~23:00)
店舗数
70店舗

3. まとめ

世界一のターミナルである新宿には多摩地区や神奈川、埼玉から多くの人々が訪れるため巨大な商業圏を築いています。ミライナタワーが完成したことで、人々の動きは今後どのように変化していくのでしょうか。

物件の探し方

この記事が
気に入ったらlike!

実際のトラブルから解説! 店舗づくり成功のための10の手法

年間1,000件以上の経験の中から、店舗づくりを成功に導くノウハウを惜しみなく公開していきます。

  • 入札は最大でも3社までにする
  • 無謀なスケジュールは組まない
  • 中立な第三者から紹介を受ける
  • 見た目と機能性を考える
  • 使用する素材を確認する
  • 現場と密にコミュニケーションを