店舗づくりお役立ち情報マガジン

powerd by

これから開業するなら時代にマッチした立ち飲み屋?

立ち飲み屋というのは今も昔もその賑やかな雰囲気と格安さが人気でいつも仕事帰りのサラリーマンで賑わっています。実はこの立ち飲み居酒屋というのは今の時代に非常にマッチした業態なのです。ここでは立ち飲み居酒屋がどのような業態かまとめてみました。

imasia_1077888_S

立ち飲み屋の特徴

立ち飲み屋の特徴はなんといってもその雰囲気にあります。決してオシャレな空間ではありませんが、店内はワイワイと活気に溢れ狭い空間でもその雰囲気を楽しむことができます。つまみと共にたくさんお酒を飲むも良し、仕事帰りにちょっと一杯やるのも良し。何より気軽に立ち寄って思い思いの方法でお酒を飲無ことができるのが他の飲食店とは違う点です。

中には、お店に入ると少し座る席も用意してあるお店もあったりと、非常に自由度が高いのも特徴です。その上、立ち飲みは安いというイメージを持っていても、なんだかんだお酒が進んでしまい。結果的に一般的な居酒屋と同じくらいのお金を払うことも珍しくないため、利益率も非常に良いのです。

経営的視点から見た立ち飲み屋

立ち飲み居酒屋は内装にそれほどこだわる必要もなく簡素な作りでも問題ないため、まず開業時の初期投資が少なくて済みます。居酒屋メニューのため材料費もそこまでかからず、広い空間にテーブル席があるわけではないので人件費もそこまで必要ではありません。このようにリスクが少なく、儲かる要素を多いのが立ち飲み屋の現状です。

また、大半の居酒屋チェーンは立ち飲みという業態を取っていません。そのため、しっかりと経営を考え立ち飲み屋を始めれば個人でも大いに成功する可能性を秘めています。

初期投資が少なくて済むということは、多店舗展開もやりやすいということです。一店目が上手く行けば次の店舗のノウハウも貯まり、効率よく展開できそうです。

おわりに

初期費用を抑えられ、チェーン店がないためまだまだ参入の余地もあり、そして客単価は一般的な居酒屋とそれほど変わらなく、狭いスペースで多くのお客さまを呼び込める立ち飲み屋は、うまく行けば個人でも大きく成功できる可能性がある業態です。

立ち飲み屋は今の時代に非常にマッチした業態の飲食店といえるでしょう。

開業準備

この記事が
気に入ったらlike!

店舗開発者は知っておくべき! 店舗デザインの基礎知識

店舗デザインのノウハウ満載!店舗デザインの一連の流れを14ページ渡り記載しています。

  • 店舗デザインとは?
  • デザイン設計事務所とは?
  • 店舗が完成するまでの流れ
  • 店舗づくりにかかる費用
  • 店舗デザイン会社を選ぶ際に
  • 依頼前に準備しておくこと