店舗づくりお役立ち情報マガジン

powerd by

今すぐ売り上げを伸ばしたい人必見。人気を呼ぶ店舗デザインの共通点

店舗の内装は顧客の店内の経験に大きく影響し、その結果売上アップにもつながる事があります。なんとなくいい雰囲気だけの内装デザインではなく、論理とデータに基づいた店舗の内装デザインがどのようなものなのか見ていきましょう。

おしゃれ 内装 ふんわり

1. 店舗デザインが売上につながる理由

そもそも店舗ごとの売上は、「平均客単価」×「客数」と考えることができます。
内装デザインが売上につながる理由は、「平均客単価」も「客数」も店舗の内装デザインに大きく左右されるからです。

1-1 平均客単価

お店に来ていただいたお客さまの気分は、店舗デザインが作り出す雰囲気に大きく影響されます。高級なイメージを与えるのも、カジュアルなイメージを与えるのも、店舗デザイン次第です。

どのようなイメージの場合でもお客さまにとって居心地の良い雰囲気を作り出すことができれば、それが購買欲に繋がります。

お客さまが満足する雰囲気を作り、客単価をアップさせましょう。

1-2 客数

お客さまにとって居心地がよい雰囲気を作り出すことには、客単価を上げる以外にもメリットがあります。

まずは口コミです。SNSが普及した現代は、お店に実際に訪れる前に口コミをチェックする場合がほとんどです。口コミには提供しているものだけでなく、もちろんお店の雰囲気も書かれます。またSNSが普及したことで、おしゃれなお店をSNSへアップすることがステイタスの1つとなりました。おしゃれで雰囲気の良いお店はそういった意味でも需要が高く、人気が集まります。

そして居心地の良いお店にはリピートしたくなる。シンプルですが、とても重要なポイントです。

以上の2点から、店舗デザインは客数に大きな影響を与えるのです。

2. 店舗デザインの、ここに注目

おしゃれ 内装 ふんわり タイル

店舗デザインを構成する要素は「内装」という一言では言い表せないほど多くの要素があります。お店の種類や形態などによっても異なるため、絶対にこうるべき!というものはありませんが、以下に店舗の内装デザインにおいて注目すべきポイントをまとめました。

2-1 店内の照明

照明は飲食店などの店舗デザインを考える上で非常に重要な要素の一つです。周囲の光の量によって居心地の感じ方は大きく異なり、そのお店での過ごす僅かな時間の経験の質を大きく変化させます。

例えば、薄暗い空間というのは多くの人にとって、「非日常」を演出する手段となります。旅行のときなども同じように、非日常を感じると人はお金を払いやすくなります。また、照明が明るいと基本的にはお客の回転率が上がります。これは、人は明るい照明の中では活発に行動するという性質も持つためです。

2-2 テーブル、イスなどの家具

お客が直接触れることになるテーブルやイスも注目すべき重要なポイントです。すぐ近くで見ることになるため、汚い、古い、安っぽいというのが伝わってしまうとお客の居心地は良くはなりません。また、家具に高級感があると、これもまた非日常を演出する手段となります。

3. 店舗の種類、形態によって適切なデザインを

回転率を上げるべきなのか、客単価をあげるべきなのか、もしくはそのどちらもなのか。目標とする点はお店の種類によってまちまちですが、こういった要素がお客の居心地の良さに影響を与えることは間違いありません。しっかりとお店のコンセプトを考えた後で、そのコンセプトにあった店舗デザインには何が必要なのかを考えるようにしましょう。

内装デザイン・設計

この記事が
気に入ったらlike!

SHELFYサービスパンフレット マッチングサービスで店舗開発を効率化!

自社に最適な内装会社と出会えるマッチングサービス「SHELFY(シェルフィー)」のサービス内容を記載しています。

  • SHELFYとは
  • SHELFYの特徴
  • 多くの法人施主様に選ばれる理由
  • 料金について
  • ご利用フロー
  • 会社概要